>  > 【KYB】New SR SPECIAL 《フロント用単品》 クレスタ GX61用 品番:NSC4046X ベーシック・ショックアブソーバの決定版
【送料無料】 ホンダ フィット GE系 LEDテール クリスタルデザイン Y-GT-096 レッド&スモーク JPN CARAZ @ プロジェクトμ EURO SPORTS Excellence W221 221194 11/07~ フロントkazen_one  
ゆご

【KYB】New SR SPECIAL 《フロント用単品》 クレスタ GX61用 品番:NSC4046X ベーシック・ショックアブソーバの決定版

下げられたお盆にはいつも「おいしかったです、ごちそうさまです」というメモが残されている。

それが、月に何度かやってくる客が残したものだと知ったのは随分と前の話だ。そしてえらく年若い作家先生がこの旅館にやってきて、パソコンとにらみ合う姿を目にするようになったのは、それから少しした頃の事だった。仕事の息抜き、というよりも、静かな環境で仕事をしたいという目的でこの旅館を利用しているらしく その他 アルトワークス HA22/12S 駆動:2/4WD ゴムブッシュタイプ 調整式ラテラルロッド シルクロード 601-H04 ds-1606976、何度か仲居に頼んで俺自らその部屋に食事を運びに行った時も、もくもくと仕事をしていた。
今日も、声をかけて襖を開くと、彼はパソコンと向かい合っていた。
椀の蓋を軽く回しながら外し、

、中から鯛の頭の潮汁が出てきたとき、彼はわぁ、と歓声をあげた。季節の山菜を使った茶碗蒸し、鮭の塩焼き、佃煮、お新香、それぞれを紹介しながら、どれもこの付近で採れた新鮮な食材を用いていると告げると、彼はうんうん、と嬉しそうに頷いた。ここまでいい反応を貰えると、うでによりをかけた甲斐があるというとのだ。食事が済んだだろう頃にまた伺うと告げて、部屋を後にした。






「おいしかったです、ごちそうさまです」

食事を食べ終わった彼は、ふわりと綻ぶような笑みを浮かべて重ねた皿を載せた盆を、わざわざこちらに渡した。そして、白く細い指で白い小さな紙に例のメモ書きをし、お盆の上に置いた。

襖を閉め、そのまま帰ろうとしたとき、ふと思い立って、襖に耳を当てた。すると、かちかちとキーを弾く音が鳴り響いては、何か考えるように時折止まる、という音が聞こえて来た。もう仕事か 、と感心するも、もう少し休めばいいのに、とも思った。

普段ならば、決してあり得ないことだ。しかし、「いつもごちそうさまです」とわざわざメモを残すような男だ、これくらいのお節介は許されるだろう、と思い、俺は再び襖を開いた。

「失礼します」
「はい、どうぞ………あれ?忘れ物…?」

彼は俺を見て相好を崩した。
浴衣姿の彼は、身体ごとこちらを向く。彼の後ろには白い障子がぴっちりとしめられていたが、外から僅かに滝の音と、草木が身を寄せ合う音が流れ込んでくる。

「いいえ、たいしたことは無いのですが…少しお時間よろしいですか?」
「?どうぞ」

くるりとした瞳は彼をますます年齢不詳に見せた。この旅館に月に何度か通うような客なのだから、そこそこの収入があるには違いないのだが、それにしたって若すぎる。この作家先生が売れっ子なのだとしても、10代と言われたら信じてしまうあどけなさがあった。

「お客様は、いつも、『ごちそうさまです』というメモを残して下さいますね」

そう指摘すると、彼はきょとんとした後、いたずらが見つかった子どものように 【送料無料】 パナソニック SBバッテリー トヨタ マークX DBA-GRX130用 N-55B24L/SB TOYOTA バッテリー交換 バッテリー 車 車用 カーバッテリー SBシリーズ HANKOOK ハンコック OPTIMO オプティモ H426 サマータイヤ 185/65R15 WEDS ウェッズ Leonis レオニス WX ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +45 5穴 100、恥ずかしそうに頭をかいた。

「はい、ここのお料理、いつもいつも美味しくて、この旅館でお仕事しにくると、そればかりが楽しみになってしまっているんです………もしかして、迷惑でしたか…?」
「そんなわけがないだろう、むしろ嬉しかっ…」

不安そうに顔を曇らせた彼に、俺は慌てて首を振った。それも、慌てるがあまり、つい敬語を忘れてしまった。

「すみません…」
「いえ、気にしないでください!僕みたいな若輩者に気を遣わなくて結構ですよ。それに…その服……本当はお料理を作ってる方なんでしょう?」

その通りだ。普段、客前に出ることはなく、調理場でも皆に指示を出す時は崩した言葉であるせいか、あっさりとボロが出てしまった。
かと言ってお客様の前でこんな口の聞き方をするわけにはいかない。

「はい 【店舗塗装サービス】【20 ヴェルファイア シルクブレイズ】VELLRIRE プレミアムライン アイライン 未塗装、一応、板前を……」
「えっ!」

彼は目を見開いた。料理人であることは分かっても、まさか俺が板前を務めているなどとは思っても見なかったようだった。

「じゃあ、いつもこの美味しいごはんを作ってる人のリーダーはあなたなんだ!」
「そうだ。…そうです」

何故だろう、この青年と話していると、つい口調が崩れてしまうのは…自分の迂闊さに苦々しく思っていると、彼はふふふっと笑った。
……花が咲くように笑う、なんて男に使う表現じゃないと思うのだが。この時ばかりはそんな言葉が頭に浮かんだ。

「板前さんの名前はなんて言うのですか?」
「…櫂トシキです」
「…櫂さんか、僕の名前はアイチ、先導アイチです」

よろしくお願いします。
そう言って彼は名刺ではなくて、右手を差し出した。昔の小説家のようにペンだこが出来ているわけではなく、ほっそりとした綺麗な指が俺の手の中に収まった。

「…ふふふっ、板前さんと知り合いになったのは初めてです」
「俺も、作家先生と話すのは初めてです」

そう言うと、先導アイチは少しだけ苦笑いをした。

「作家先生って、やめてくださいよ、恥ずかしいです」
「そっちこそ板前さんなんて、呼ばれ慣れてないからむず痒い。櫂でいい」

そう言うと、彼はそっと俺から手を離した。消えていく体温と感触が名残惜しく感じる。

「じゃあ、櫂くん、僕のこともアイチでいいです」

それが、アイチとの出会いだった。











「失礼します」

仕事をしている僕の元にお客さんが来るようになった。
少し早い夕食を終えてから、23時をちょっと越えた頃、それは丁度、仕事をしているとどうにもお腹が空き始めるタイミングだ。
襖から現れたのは板前服の青年。正座をして頭を下げる彼を見て、つい笑みがこぼれた。

「櫂くん、こんばんは」
「…やっぱり起きてたか」

そう言って櫂くんは身体を捻り、横においてあった盆を持って部屋の中に入ってきた。小さな土鍋にはきっちりと蓋がしてあったが、この寒さから、 湯気がたっている。

僕と櫂くんと出会ってもう数ヶ月が経つ。原稿が行き詰まって、旅館の庭をふらりと歩いていたところを、櫂くんに見つかってしまったのはいつのことだっただろう。ああでもないこうでもないと呟きながらさまよう僕の姿はさぞ異様だったことだろう。一仕事終えて賄いを食べようとしていたところだったらしい彼は、浴衣姿の僕を見て幽霊か何かかと思ったと語った。彼がまとう賄いの香りに触発され、ぐうっとお腹がなってしまい、そのまま厨房に連行されたのだった。
それから、櫂くんは11時ごろになると僕の部屋に来て、試食を頼んだり、自分の賄いと一緒に何かしらを作って来てくれる。

「わざわざ夜食なんて作ってもらうの申し訳ないよ櫂くん」
「この間みたいにひどい顔色で夜中にうろつかれたら困る。夜は空きっ腹満たしてとっとと寝ろ」
「うう…眠くなっちゃったら困るんだよ、夜の方が筆は進むし…」
「……」

櫂くんが土鍋をぱかりと開けると、白い湯気と共にぶわっと出汁のいい香りが漂った。そして鶏団子と春雨と白菜のスープが現れ、僕のお腹がぐるるるるると鳴り響いた。

「……相変わらず身体は正直だな」
「あうう…」

恥ずかしさのあまり、僕は机に顔を突っ伏した。違う、今のは僕は悪くない。櫂くんの作るご飯があまりにも、おいしそうだからいけないんだ。しかも深夜だからあまり濃いものではなく、適度な塩分や、脳活動に必要な糖分も補えるように簡単な甘味なども用意してくれるから困る。寝てしまえと言いつつも、仕事に追われている僕のことをわざわざ考えて作って来てくれているのだ。

「それに、別にお前のために作ったわけじゃない。俺の賄いのスープが余ったから持って来ているだけだ。勘違いするな」

そう言って櫂くんは机の上に盆を乗せる。僕はまじまじと彼の顔を見てしまった。しかし彼はふざけている様子でもなく、あくまで真顔でつんと澄ましているから、吹き出してしまった。

【KYB】New SR SPECIAL 《フロント用単品》 クレスタ GX61用 ルノー 品番:NSC4046X 225/35R19 ベーシック・ショックアブソーバの決定版



「なんだ」
「いや…そこまでテンプレート通りのセリフを素で言ってのける人を初めて見たよ」
「は?」

不服そうな顔をする櫂くんの前で僕はそっと手を合わせた。美味しそうなスープなんだから暖かい内に早く食べなくちゃ。

「いただきます」
「どうぞ」

湯気をたてるスープをすくい取り クスコ メタルディスク単品 クラッチ レガシィ BD5(A) EJ20T 93/10~98/5、小皿に移す。蓮華にのせてふうふうと息を吹きながら豆腐を冷ましていると、視線を感じて、見てみると櫂くんが僕の顔をじっと見つめていた。その様子がどこかそわそわしているものだから、なんとなくおかしくなって、ぶっ、と吹き出してしまう。

「おい、きたないぞ」
「ご、ごめん、つい…」

今度こそきちんと熱を冷ましてスープを口に入れる。すると鶏団子の出汁と、生姜、しょうゆ、僅かな甘みが口いっぱいに広がり、体の芯までじわりと暖かくなった。

「おいしい…!」
「そうか」

満足げに微笑む櫂くん。彼が照れたように頬を染めるのを見て、

【KYB】New SR SPECIAL 《フロント用単品》 クレスタ GX61用 品番:NSC4046X ベーシック・ショックアブソーバの決定版

、なんだか胸の奥がきゅんとした。



つづく


via ビルシュタイン B6ショック [Volvo 740 1894/5-1988] Bilstein ショックアブソーバー 新品
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-66245