THULE (スーリー) ウイングバーエッジ(ブラック) CLS シューティンググレイク '12~ 218# [9595B/3049]


 >  > THULE (スーリー) ウイングバーエッジ(ブラック) CLS シューティンググレイク '12~ 218# [9595B/3049]

THULE (スーリー) ウイングバーエッジ(ブラック) PUMP CLS シューティンググレイク '12~ エヌボックス 218# [9595B/3049]

{yahoojp} {alpico.jp}
 
21 .小穴隆一

 東京のある画廊主に「小穴隆一は長野県の作家ですよね」と聞かれたことがあった。小穴隆一は、信州と縁のある画家だが信州出身ではない。幼少期に父親の 実家である東筑摩郡宗賀村洗馬(現在の塩尻市宗賀)の志村家で育てられたというのが事実である。
 洗馬は中山道の宿場町で、ここから北へ善光寺街道が分岐する。志村家は脇本陣をつとめた家柄で、その庭園は善光寺名所図会にも掲載されている。小穴隆一 の祖父の志村巌は宗賀村の初代村長を務めた。
 美術館に勤めていたとき ウェッズ ブレーキパッド レブスペック プライム ■WEDS REVSPEC PRIMES 【品番:T101】 フロント ダイハツ MAX L962S 01/11~05/12、展覧会で小穴隆一の絵を展示したところ、洗馬歴史同好会の方が来館され ☆NWB強力はっ水 雪用デザインワイパーFセット☆ハイエース TRH226K/TRH214W用、小穴のことを教えてくださった。それによれば、小穴隆 一の父、唯三郎は志村巌の次男だが、兵役を逃れるため小穴家の養子となり小穴姓を名乗ったという。日本郵船に勤めていた唯三郎は全国の港湾都市を転勤した ため、小穴は長崎に生まれ、佐世保を経て函館で過ごしている。そして函館にいた幼稚園の頃に生母が亡くなり、父が再婚するまで洗馬の祖父に預けられ、その 後また函館に戻っている。
 大正8(1919)年に東京田端に転居した小穴は、近くに住む芥川龍之介と親しくなる。芥川は小穴を信頼し、以後の著作の装丁のほとんどを小穴に任せ た。また次男の多加志の名を小穴隆一の隆から取って命名している。昭和2(1927)年に芥川は睡眠薬を多量に服用して自殺するが、子供たちへの遺書には 「小穴隆一を父と思え」と書かれていた。また芥川の遺言により 15インチヴィッツ130系 15インチ装着車ENKEI オール オールワン マシニングブラック 6.0Jx15トランパス mpZ 175/65R15 KENDA ICETEC NEO KR36 2018年製 在庫 スタッドレス スタッドレスタイヤ 185/60R15 ENKEI PerformanceLine PFM1 4本 ホイールセット 15インチ 15 X 5.5 +45 4穴 100、芥川の墓石の字は小穴が書いている。
 松本清張は『昭和史発掘』のなかで、芥川龍之介の死に関して「小穴は芥川の自殺をとめる努力をしていないようである。(中略)『側近』意識に駆られた彼 は、芥川の死まで独占しようとしたのではあるまいか」と書いているが、こればかりはやっかみとしか言いようがない。小穴も芥川の自殺を止めるよう最大限の 努力をしたであろうが、芥川は日常的に自殺をほのめかす言動をしていたし 【ディクセル/DIXCEL】HSタイプ リア用 2枚セット ブレーキディスクローター セフィーロ A31 CA31 LA31 LCA31 などにお勧め 品番:3252012 、芸術至上主義ともいえる芥川の人生観は容易に他者の忠告を受け入れるはずもな く、まして死を選ぼうとする人間はある意味で狂人になっている。
 小穴隆一は、大正11(1922)年暮れから翌年にかけて約3カ月入院し、脱疽(だっそ)のため右足頚部(けいぶ)を切断し、義足を使うようになる。外 出にはいくぶん不便を感じるようになるが、本人の書いた文章からはさほどの辛(つら)さを感じさせない。小穴隆一はわだかまりのない、気のいい人物という のがわたしの印象である。
 洗馬の志村家は祖父の代を過ぎると没落し、鉄道の開通にともない駅建設のため有名な庭園も壊されてしまう。芥川は、小穴から聞いたその話をもとに「庭」 という短編小説を書いている。旧家の没落と名庭の荒廃という主題は、芥川の興味をそそったのだろう。現在でも洗馬の街道沿いに脇本陣志村家を示す表示があ り、塀越しにわずかに残る庭が見えるが、かつての趣きはない。
 小穴隆一は芥川龍之介との関係によって世に知られるようになったが、そのことが逆に小穴隆一という画家の評価を遠ざけたようにわたしには思われる。芥川 龍之介と常に一体に語られることにより、洋画家としての小穴隆一の存在が曖昧(あいまい)になってしまったのだ。
 わたし自身も小穴隆一の作品を数点しか見ていない。さっぱりとした端正な感じの画風である。
(元松本美術館学芸員・大竹永明)

 小穴隆一 おあな・りゅういち (1894~1966) 本人の随 筆によれば、長崎生まれ。函館で育ち、一時期父の実家の塩尻市宗賀の志村家で育てられる。開成中学を中退し太平洋画会研究所に学び、明治45(1912) 年から太平洋画会展や二科展に入選。大正11(1922)年から翌年にかけて脱疽(だっそ)のため入院し、

THULE ウイングバーエッジ(ブラック) [9595B/3049] CLS '12~ (スーリー) ウイングバーエッジ(ブラック) 218# シューティンググレイク '12~

、右足頚部(けいぶ)を切断。大正12年の春陽会 第1回展から出品し、大正15年に無鑑査、昭和9(1934)年会員。芥川龍之介との交友はよく知られている。昭和に入ると児童文学の坪田譲治と親しくな り、

THULE (スーリー) ウイングバーエッジ(ブラック) CLS シューティンググレイク '12~ 218# [9595B/3049]

、しばしば一緒に野尻湖に遊んでいる。



{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-72127