コア・コンピタンス (Core Competence)

コア・コンピタンス (Core Competence)とは

コア・コンピタンス (Core Competence)とは、競合他社を圧倒的に上回るだけの能力をさします。インターネット上でビジネスを展開しているときにも当てはまることですが、たいていは競合他社が存在しますし、優れた技術を用いたり、あるいは優れた商品やサービスを開発したりしても、すぐに競合他社に真似されてしまうと言った状況になることもあります。しかし HONDA ホンダ 純正 NBOX N-BOX エヌボックス アームレストコンソール スライドリアシート装備車用 ブラック(合皮) 2016.8~次モデル 08U89-TY0-B40E 、あまりにも優れた技術や商品 シーマ用 フイニツシヤーリアピラーLHシーマ 76935-AR000 日産純正部品 リア用ブレーキパッド トヨタ ダイナ XKU700 用 アドヴィックス SN896 ADVICS アドビックス pad ディスクパッド ブレーキ パッド パット ブレーキバッド 交換 整備 車用 04465-37230 相当 ディスクブレーキパッド パッド 、サービスは簡単には真似ができません。このようなものがコア・コンピタンス (Core Competence)と呼ばれます。ですから、スピードの速いインターネットであっても、コア・コンピタンス (Core Competence)は非常に重要な役割を果たすのです。

コア・コンピタンス (Core Competence)のお役立ち情報

コア・コンピタンス (Core Competence)は ジェットイノウエ トラック用品 UD大型クオン H17.1~H22.3用 ドアサイドマーカー(ウィンカー)セット 526202  お取寄せ 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴェルファイア(30系)】A-TECH シュナイダー セイバーロンド ブラック/リムダイヤモンドカット 6.5Jx16Bluearth RV-02 215/65R16、経営に関する言葉の一つです。もともとはハーバードビジネスレビューに掲載された文書に登場した概念で、その後、

、重要な意味を持つことからいろいろな場所で用いられるようになりました。コア・コンピタンス (Core Competence)となりうるにはいくつかの条件を満たすことが必要です。まず、顧客に利益をもたらすことが必要です。そして、競合他社に真似できないことも必要とされます。さらに、複数の商品や市場に応用できることも必要となります。例えば、自動車メーカーが独自の技術を用いてエンジンを開発し、それをほかのメーカーは真似できず、

Pivot(ピボット) 3-drive ACハーネスセット (THA+TH-2A+BR-2 ) 【DAIHATSU ダイハツ アトレーワゴン H27.4- S321G/331G KF】 品番:THA-2A-2

、かつ自動車以外の製品にまで応用できるといったものがコア・コンピタンス (Core Competence)となるのです。