>  > 21 クラウン アスリート CROWN ATHLETE マフラーカッター【ゴジゲン】クラウン AWS210 グレード:アスリートS マフラーカッター 左右オーバル2本出し用

21 クラウン アスリート CROWN ATHLETE マフラーカッター【ゴジゲン】クラウン AWS210 グレード:アスリートS マフラーカッター 左右オーバル2本出し用

【バタフライシステム】DAIHATSU 【DAIHATSU車用】ダイアフロアマット【レッド】軽・コンパクト2列 Mピンク ムーヴ【L175S H18/10 ~ 4WD MT リアヒーター有】
カートを確認
検索の使い方
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

21 クラウン アスリート CROWN ULTRA ATHLETE ブラック マフラーカッター【ゴジゲン】クラウン AWS210 グレード:アスリートS マフラーカッター 左右オーバル2本出し用

コクランレビューからひもとく

著:森 臨太郎/森 享子
  • 判型 A5
  • 頁 128
  • 発行 2018年03月
  • 定価 2,376円 (本体2,200円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03542-2
「確かなこと」を共有し、話し合おう
医療や健康の分野で最も信頼性が高いと言われている情報源であるコクランレビュー。本書では、その中から妊娠・出産にかかわるものを集め、紹介している。適度な距離感をもって、医療や健康の情報とつきあうために。妊産婦さんにとってのよりよい診療・ケアを考える、話し合いを始めるためのツールとなる1冊。
序 文
はじめに

 この本は,妊娠・出産に関して,「これはある程度確かなことだ」ということを示したうえで,実際にはどのように考えればよいのか,ということをお伝えしたいと考える中で生まれました。主に,一般の日常診療に従事している産科・小児科の医師や,助産師・看護師などの医療従事者に向けて,...
続きを読む
はじめに

 この本は,妊娠・出産に関して,「これはある程度確かなことだ」ということを示したうえで,実際にはどのように考えればよいのか,ということをお伝えしたいと考える中で生まれました。主に,一般の日常診療に従事している産科・小児科の医師や,助産師・看護師などの医療従事者に向けて,また,少し深く勉強してみたいと考えている一般の方,妊娠している女性とその家族を念頭において執筆しています。
 ひとくちに「確かなこと」といっても,その「確からしさ」にはピンからキリまでいろいろあります。今回は,「コクランレビュー」という,医療や健康の分野で最も信頼性が高いとされている国際的な組織でまとめた情報を紹介しています。全医療分野にまたがる10,000件近いコクランレビューから,妊娠・出産にかかわるものを集め,その中でも高度に医療的ではないもの,医療介入が多くは入らずに進行している(した)妊娠・出産に関して取り上げた内容は,ほぼすべて紹介するようにしました。

「確かなこと」を考えるときの情報源
 コクランとは,医療や健康にかかわる現場での判断をお手伝いするために,企業などから影響を受けない形で,できるだけ客観的な情報を集めてまとめ,それを公表している,医療者,研究者,市民からなる国際的な集まりです。1992年に設立され,25年を超える歴史をもつ組織です。設立当初は,権威主義的な医療を市民に取り戻し,客観的な情報(根拠)に基づく医療を樹立するための改革運動として始まりましたが,今では,どこの国の医療現場においても参照される,医療のスタンダードになりました。この「客観的な情報のまとめ方(=系統的レビューといいます)」を考えて確立したのが,コクランであり,その核にある考え方「根拠に基づく医療」は,近年の医療分野の十大発明にも数えられています。

「確かなこと」と適切な距離感をもつ
 さて,実際に私たちは,この「確かなこと」とどのように付き合うべきでしょうか。
 私たち1人ひとりは,妊娠・出産にかかわる現場においても,すべて異なる身体と異なる社会やつながりの中で暮らしています。この本で紹介している「確かなこと」も,ある属性で個人を集めた集団としてみた場合に言えることであって,1人ひとりに100%合致するというわけではありません。しかしながら,その属性をある程度の人が持っているのも事実です。このため,日常の現場で判断をする際には,「確かなこと」とのつかず離れずの適切な距離感が重要になってきます。「確かなこと」との距離感を念頭におき,そのうえで,医療従事者と市民(あるいは妊産婦やその家族)が話をするときの共有のツールとして,この本をお使いいただけるとよいのではないかと思います。
 実際に各章を読み進めていくと,「確かなこと」というものは実のところあまりない,ということがわかると思います。さまざまな専門家が,それぞれに「こうだ」という意見を持っていますが,案外,誰もがみな納得するような事実というのは少ないものです。
 読み進める中で,自分の常識と異なることがあれば,一度立ち止まって自分の常識を疑ってみる,あるいは,示されている研究結果に本当に間違いがないのか考えてみることもよいでしょう。また,示されている研究結果が自分の常識に合うのであれば,その常識に一層自信を持って,日々の診療やケアにいかしていくというようにも活用いただけるのではないかと思います。

 2018年2月
 著者を代表して 森 臨太郎
閉じる
書 評
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-55115