Do-Luck S13 フロアサポートバー(スチール)


 >  > Do-Luck S13 フロアサポートバー(スチール)
205/55R17 HIFLY ハイフライ HF805 エイチエフ ハチマルゴ 5ZIGEN PRORACER FN01R-Cα 5ジゲン プロレーサー FN01R-Cアルファ サマータイヤホイール4本セット*一日一桓祥ブリヂストン スタッドレスタイヤ BLIZZAK DMV1 225/70R16 103Q ブリザック DM-V1 BRIDGESTONE(タイヤ単品1本価格)

シェア

このフォルダに関して、忍者サンドボックス運用チームへのお問い合わせはこちらから送信できます。
(不具合や不適切な内容がアップロードされている、など具体的にお書きください)(このフォルダの管理者にはメッセージは送信されません)


  • 一日一桓祥 【41】~【60】
    2016/08/04

    ≪41≫
    【現パロ設定。恋仲前提。副題:宝物なんです】
    「桓魋。何これ」
    「しょ、祥瓊…。それどこから見つけてきたんだ」
    「そんな事今はどうでもいいでしょ。理由は?」
    「その…」
    「何で未だにとってあるのよ。恥ずかしいじゃない。とっとと捨てなさいよ!」
    「例え一言でも祥瓊からのメモを捨てるのが忍びなくてな」
    「…ばか」

    ≪42≫
    【原作もしくは現パロ設定。恋仲前提。副題:焦りすぎです桓魋さん】
    「しょ、祥瓊。どうしたんだ!?」
    「どうもしないわ」
    「だが泣いてるじゃないか」
    「…その、小説を読んで思わず涙が出ただけよ」
    「しょう、せつ…」
    「…呆れた?」
    「そんな事は絶対無い。むしろ情緒豊かな所に惚れ直した」
    「桓魋と出会ったから今の私があるのよ。ふふ」

    Do-Luck Do-Luck S13 フロアサポートバー(スチール) S13

    ≪43≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:祥瓊以アウトオブ眼中な桓魋さん】
    「ねえ。桓魋はどういうものを読むの?」
    「俺か?うーん…。兵法書以外はほとんど読まんなぁ」
    「あら、そうなの」
    「何だってそんな事を聞きたがるんだ?祥瓊」
    「桓魋が興味あるものを私も知りたくて…」
    「今のところ一番興味関心があるのは祥瓊のことだぞー」
    「…ばか」

    ≪44≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:まさに祥瓊馬鹿な桓魋さんその三】
    「ただいま」
    「おかえりなさい。宴席はどうだった…って何よその顔!」
    「これか?これはなぁ、浩翰様に書いて頂いたんだ」
    「じゃなくって!何で私の名前が書かれてるのよ」
    「自分の物に名前を書くのは当たり前だしなー。俺は祥瓊のもんだからな」
    「この馬鹿、酔っぱらい!」

    ≪45≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:まさに祥瓊馬鹿な桓魋さんその四。微妙に44の続き】
    「なあ、祥瓊」
    「はいお水」
    「おお。すまない。

    Do-Luck S13 フロアサポートバー(スチール)激安超特価を提供します

    。じゃなくて、蓬莱では親子は似るもんらしいんだ。祥瓊に似た娘が生まれたらさぞかし可愛いんだろうなぁ」
    「突然何を言うかと思えば…」

    Do-Luck 215/45R17 S13 175/60R15 フロアサポートバー(スチール)


    「でも、出産には苦しみが伴うらしいから祥瓊にそんな思いをさせたくないな…」
    「…ばか」

    ≪46≫
    【原作設定 【送料無料】 165/50R15 15インチ LEHRMEISTER LM-S FS15 (ガンメタポリッシュ) 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット。恋仲前提。副題:桓魋に叶えられる願い事なんです】
    「はい桓魋。これ」
    「…短冊?」
    「ふふ。蓬莱の風習でね、七月七日に短冊に願い事を書いて笹に吊るすそうよ。私達もやってみない?」
    「いいな」

    「祥瓊は何を願ったんだ?」
    「それは秘密よ…って何見てるのよ!」
    「こんな事願うまでもない。別のにしとけ」
    「…ばか」

    ≪47≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:焼きもち嫉妬マン桓魋さん】
    「…祥瓊。楽俊殿とは本当に何もなかったんだよな?」
    「そうだと言ってるでしょ」
    「いや、しかし…」
    「楽俊は私を変えてくれたかけがえのない人なの。そう言えば目で見たことは無いわ」
    「でも」
    「度の過ぎた嫉妬は醜いわよ」
    「…すまん。祥瓊の事となるとおかしくなるな」

    ≪48≫
    【原作設定。恋仲前提。微シリアス。副題:守りたい、存在。】
    「祥瓊!」
    「かん、たい…」
    「どこも怪我はしていないな」
    「ええ…」
    「いくら主上の御為とはいえ二度とこんな危険な事をしないでくれ」
    「何よそれ!和州の乱の時だって一緒に頑張ったじゃない。何で今更そんな事」
    「俺の我儘だ。だが祥瓊のことが心配なんだ」
    「…ばか」

    ≪49≫
    【原作設定。友人以上恋人未満。副題:祥瓊が桓魋にとっての花なんです】
    「桓魋。おかえりなさい」
    「ただいま。ここの花はやはり祥瓊が換えてくれていたのか」
    「あら。気づいてたの?」
    「つい最近だがな。しかし花があると良いものだな」
    「そうでしょう?少しでも癒されればと思って」
    「俺は祥瓊がいてくれるだけで十分癒されるぞ?」
    「…ばか」

    ≪50≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:おねだりする桓魋さん】
    「雨が強くなってきたわね。行くの?」
    「ああ 。堤の補強工事の陣頭指揮を任された 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 ターニングチップ 材種:BC8110 NP-TCGW110202GS3 JP。いざとなったら人足代わりも出来るしな」
    「怪我だけはしないで。約束よ」
    「お。心配してくれるのか」
    「当たり前でしょ!もう」
    「じゃあ激励の意味も込めて口づけをくれないか」
    「ばか…」

    ≪51≫
    【原作設定 【メーカー在庫あり】 スウェッジライン SWAGE-LINE フロント ブレーキホースキット 91年-93年 XJ400Sディバージョン ゴールド/黒 スモーク GAFB250 HD店。恋仲前提。16の続き。副題:祥瓊さんもたまには甘えてみました】
    「祥瓊、これ」
    「ふふ、そうよ。この間のお祭りで桓魋が買ってくれた飾りよ」
    「こんなさもない物を大事にしてくれているのか」
    「あら。初めてお祭りに行った記念だし、桓魋が買ってくれた物だもの。大切にするわ」
    「…祥瓊」
    「またお祭りに連れていって頂戴ね?」
    「おう」

    ≪52≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:トクベツ、なんです。】
    「暑いわね…」
    「そうか?慶の夏はまだまだこんなもんじゃないぞ」
    「…そうなの。早くここの暮らしに慣れないと」
    「祥瓊は芳の生まれだからな。この暑さは堪えるか」
    「少し」
    「無理はするなよ?」
    「ええ。でも桓魋の生まれた国だから。早く慣れたいわ」
    「好きだよ祥瓊」

    ≪53≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:誰かに試したんですか浩翰様】
    「祥瓊は綺麗な字を書くんですよね」
    「確かに」
    「それに比べて俺は…」
    「否定はせん」
    「…浩翰様」
    「ではこれから毎日祥瓊宛に文を書くのはどうだ。さすれば上達するぞ」
    「文ですか…?」
    「ああ。大事な人宛に書くんだ。丁寧に書こうとするだろう?」
    「頑張ります…」

    ≪54≫
    【原作もしくは現パロ設定。恋仲前提。副題:桓魋さんの妄想です】
     目の前にある群青に触れたいという衝動を抑える。触れて己の指に絡めて、その髪を手繰り寄せたいと。
     恥じらい抵抗を見せるもそのうち大人しく身を委ねてくれる姿が想像できる。そんな姿を見ることが出来るのは己だけの特権だと、二人だけの秘密だと分かっているから今日も耐えるのだ。

    ≪55≫
    【原作もしくは現パロ設定。恋仲前提。副題:確信犯な桓魋さんその三】
    「やだ。桓魋泣いてるの?」
    「いや、目に埃が」
    「もう。擦っちゃ駄目よ TRIUMPH Scrambler(08年~) ガイラシールド Lタイプ クリアカラー CHIC DESIGN(シックデザイン)。取ってあげるからじっとしてて」
    「すまんな」

    「…ね、ねえ。もう取れたと思うのだけど」
    「しかし、まだ目がなあ」
    「でもこんな姿勢の必要無いわよね?膝から下ろして頂戴」
    「嫌だ」
    「…ばか」

    ≪56≫
    【現パロ設定。恋仲前提同棲設定 LEDルームランプ PMC771 ホワイト 白色系 BMW 6シリーズグランクーペ サンルーフ付車トランクルームウェッジバルブ仕様車 F06 2012年~。副題:役に立ちたかった息子とお母さんの図】
    「すまん祥瓊」
    「…これはどういう状況?」
    「掃除の手伝いをだな」
    「手伝おうとして花瓶を割っちゃったのね…」
    「面目無い」
    「怪我はない?破片は触っちゃ駄目よ」
    「…怒らないのか?」
    「手伝おうとしてくれたその気持ちが嬉しいわ」
    「祥瓊…」
    「ありがとう桓魋」

    ≪57≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:道を間違えたのはわざとじゃないんです素なんです】
    「ここは何処なのよ、もう」
    「…すまん祥瓊」
    「ち、違うの。八つ当たりのつもりは無いの」
    「だが道を間違えたのは俺だしな」
    「ううん。宮中のお遣いとは言え桓魋と出掛けられて嬉しかったのよ…。そんな事言わないで」
    「そう可愛いこと言われると拐いたくなる」
    「…ばか」

    ≪58≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:セクハラです桓魋さん】
    「桓魋、もう下ろして頂戴…。これくらい歩けるわよ」
    「いや、しかし足が」
    「でも私の荷物まで持ってもらって」
    「これくらいどうって事ないぞ。本当に気にするな」
    「でも…」
    「俺が祥瓊に少しでも触れていたいからと言ったら怒るか?」
    「…ばか。勝手にしなさいよ、もう」

    ≪59≫
    【原作もしくは現パロ設定。恋仲前提。副題:敵は目の前にいます】
    「護身術を教えて頂戴、桓魋」
    「…急にどうした祥瓊」
    「やはり何かあった時に自分でも対処出来るようになりたくて」
    「そう、か…。学んでおいて損はないな。俺がいつも傍に居られるとは限らんし」
    「でしょう?」
    「だか、俺がいる時には俺に祥瓊を守らせてくれ」
    「…うん」

    ≪60≫
    【原作設定。恋仲前提。副題:プロポーズですね桓魋さん】
    「祥瓊」
    「どうしたの桓魋」
    「一度、俺と一緒に芳へ行ってくれないか」
    「…駄目よ。桓魋も知ってるでしょう?」
    「それでも。

    Do-Luck S13 フロアサポートバー(スチール)

    。それでも一度、祥瓊と一緒に祥瓊の生まれた国を見たいんだ」
    「何でそんな事…」
    「祥瓊の故郷なら俺にも故郷みたいなもんだからな」
    「ばかぁ…」

  • Loading...
{yahoojp} {hanakagari.sdbx.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-60318